BLOG

ブログ

みなさま、こんにちは本日も元気に営業しておりますブロス水戸店です。

寒い日が続いており、朝晩の冷え込みがきつくて、朝起きるのがきつ~い時期ですね。まだまだ寒さが厳しい時期ですのでどうか体調管理だけはお気を付けくださいませ。

冬のクルマトラブルとして多いのがバッテリー上がりですが、クルマの使用状況によってもバッテリーの寿命が変わってしまうことがあります。

特にこんな使用をしているオーナーさんは特にバッテリーの寿命が短くなってしまいがち!という3つを紹介しますので日頃の使用状況と見比べて、今後のバッテリーメンテナンスにお役立てください。

短距離走行が多い・乗る頻度が少ない

短距離走行が多かったり、そもそも毎日のように車を使用しない。

という方はバッテリーの充電が十分にされない傾向が多く、バッテリーが充電不足となってしまい消耗を早めてしまいます。

この場合には、1週間に1回は長距離走行をするようにして30分以上ぐらいのドライブをすることでバッテリーへの十分な充電をすることが可能です。

夜間走行が多い

日中の走行と夜間の走行では、夜間のほうがライトを使用する時間が長いので、それだけバッテリーの劣化が早まります。

今は電力消費が少ない電球なども量販店などでも購入できますので、そういったアイテムを活用することで電力消費を抑えることが可能です。

電気系のアクセサリーを多数使用している

一昔に比べて、車内のアクセサリーも多く出回っており、その中でも電気系のアクセサリーも多いかと思います。

ドライブレコーダーやスマホ関係の充電器やオーディオ・カーナビ。

特に12Vを100Vにするようなインバーターを使用していると電力消費が大きくなりますので、古いインバーターから新しい消費電力の低いものへ切り替えるだけでも効果は高いので使用されている方は検討されてもいいかと思います。

以上がバッテリー寿命を縮めてしまうポイントでした!

これからの季節では、特に注意したほうがいいバッテリー。普段の使い方や使用アイテムを見直すだけでも改善できる部分はありますので是非とも参考にしてくださいませ。

 

コロナウィルス感染症対策は引き続き継続しています。

県外のお客様への販売は陸送対応のみとさせていただいております。

ご来店の際はマスクの着用、ご入店の際の手の消毒のご協力お願いします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA