BLOG

ブログ

みなさま、こんにちはブロス水戸店です。

暑さが厳しい真夏日が続いておりますが、今週は雨が多い予報が出ていますので少しは暑さがやわらぎそうですね。

真夏の炎天下であれば車内の温度は高温となり、エンジン停止後の約30分後には約45℃にもなり、その後もどんどん上昇し一時間後には50℃~60℃ぐらいになるそうです。※JAFのデータより

そこでちょっとでも車内の暑さをやわらげる3つの簡単に出来る対策をご紹介します。

対策その1:サンシェード

フロントガラスより真夏の日差しが車内へ影響し、特にダッシュボード付近では触れないぐらいに熱くなってしまうケースもあるかと思います。

そんなフロントガラスからの日差しを対策してくれるのがサンシェードになり、真夏の炎天下では、この対策をするだけでも車内の温度を軽減してくれます。

対策その2:窓を少し開ける

車を停車して、密閉されたままの状態と、窓を少し開けていく場合では、車内の温度上昇がやわらぎ対策しない場合とでは10℃ぐらいの差がでるようです。

この効果はかなり大きいと思いますので、サンシェードと合わせて対策をすることで、車内の温度上昇を軽減できるかと思います。

対策その3:断熱フィルム

炎天下での熱線や紫外線をカットする断熱フィルムをガラスに貼るのもオススメです。断熱フィルムでは透明タイプなどの種類もあるので、自分の好みに合わせて対策ができます。また停車中だけではなく走行中のエアコン効率も良くなるといったメリットもあるので一度施工してしまえば、長期間のメリットを与えてくれるのでおすすめです。

今回紹介した3つの対策で、この暑い夏を快適にドライブできるように役立ててください。

【熱い日差しをシャットアウト!断熱フィルム(IRヒートカット】

コロナウィルス感染症対策は引き続き継続しています。

県外のお客様への販売は陸送対応のみとさせていただいております。

ご来店の際はマスクの着用、ご入店の際の手の消毒のご協力お願いします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA