BLOG

ブログ

みなさま、こんにちはブロス水戸店です。

ここ最近では曇りがちが続いていて、梅雨が戻ってきたようなスッキリしない天気が続いていますね。暑さはやわらぎそうですが、まだまだこれから厳しい真夏日が続きますので、皆様体調管理にはお気をつけてお越しくださいませ。

真夏でも車のバッテリートラブルが多いのはご存じでしょうか。寒い冬にバッテリー上がりが多いと感じているかたもいるかと思いますが、実はバッテリーのトラブルは夏でも多く発生している要注意ポイントなんです。

真夏でもバッテリー上がりが起きる主な原因

そもそもの原因としては、真夏では車の消費電力が増えてしまう傾向があり、特にエアコンは消費電力が激しく消耗します。さらに渋滞などで電気の発電量が少ない場合には、足りない電力をバッテリーから補って使用しますので、こういった期間が長くなればなるほどバッテリーへのダメージは大きなものとなります。

もしも真夏の炎天下でバッテリー上がりになってしまいエンジンがかけられない!といったトラブルになってしまうと、車内にはとてもではありませんが待機することは出来ない状況になってしまいます。近くに涼しめる場所がたまたまあればいいですが、そんな場所も確保できないとなると熱中症になってしまったりと、かなり危険なことにもつながります。

主な対策として、古いバッテリーは思い切って交換して新品バッテリーにするのが1番の対策ではありますが、現状何ともないバッテリーを交換するのは何となく気が引ける。。。といった気持ちもあるかと思いますので、そんな場合にのお役立ちアイテムとしては「ブースターケーブル」と「ジャンプスターター」の2つがあります。

これらを備えておくことで最悪のケースを回避できるかとおもいますので、これからの猛暑のドライブにお役立てください。

 

コロナウィルス感染症対策は引き続き継続しています。

県外のお客様への販売は陸送対応のみとさせていただいております。

ご来店の際はマスクの着用、ご入店の際の手の消毒のご協力お願いします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA